HOME > JS CMSの紹介 > 運用とサーバー動作環境

動作環境

動作環境

  • JS CMS ( 管理画面 )
  • 公開サイト

JS CMS ( 管理画面 ) --サイト構築・編集--

ウェブサーバー

PHPの動作のみが必要。FTPでアップするだけ

DBは必要なく、ファイルの保存機能のみPHPを利用してるので、PHPが動作するサーバーであれば、FTPアップロードするだけです(パーミッション設定が必要な場合もあります)。

非常に簡単に導入できるので、サーバーの引っ越しも簡単で、FTPでダウンロードし、移行先へFTPでアップロードするだけです。

- PHP4.3以上が動作すること
- DBは必要ありません
ブラウザ

Google ChromeとIE9+で動作

Google Chrome(最新)とIE9以上のみで動作します。

SarariやFirefoxなどをお使いの方は、Chromeを使用してください。
IEを利用のかたも、Chromeのほうが、高速に動作するので、Chromeがおすすめです。

公開する場合 --サイトの閲覧--

ウェブサーバー

制限なし。FTPでアップするだけです

JS CMSで作成したサイトは、すべて静的なファイルを生成しているので、DBはもちろん、PHPなどのサーバーサイドプログラム環境がなくても、確実に動作します。
ブラウザ

クロスブラウザ、マルチデバイス

IE9以上、スマホやタブレットなどのマルチデバイスに対応しています。

IE9以下についても、HTMLやCSSのカスタマイズを行えば、対応することができます。
ただし、ユーザー自身のカスタマイズ内容によっては、クロスブラウザ、マルチデバイスでなくなる場合もあります。
意図的に、レスポンシブ機能を削除することもできます。

運用方法

JS CMSは非常に簡単に導入できるので、自由な運用が可能です。
ここでは、一般的な運用方法を説明します。

  • 1.通常の運用の場合
  • 2.簡易な運用の場合

JS CMSでは、すべて静的なHTMLページを生成するので、生成されたサイトは管理画面であるJS CMSと切り離して公開することが可能です。

テスト領域(サーバー)では編集・確認用サーバーとしてし、本番サーバーでは、生成されたサイトのみを公開するといった運用ができます。
(編集・確認用サーバーからアーカイブをダウンロードし、本番サーバーへFTPアップ)

気軽にサイトを運用したい場合は、リアルタイムにサイトの編集と公開が行えます。

質問や問い合わせなどについて
不具合や不明点などあれば、 開発者の田中 ( tanaka@pixelimage.jp ) にメール下さい。
CMSには未反映の不具合と対処方などもあるので、お気軽にメールいただければと思います。
使用した感想や、要望などもいただけるとうれしいです。
あと、JS CMS開発者日記のサイトもはじめました。こっちはユルめのサイトです。