HOME > ガイド > 個別機能ガイド > ナビゲーション編集

ナビゲーション編集


ナビゲーション編集画面

ナビゲーション編集では、グローバルナビや、ローカルナビなど、ページ一覧情報をもとにリストを生成できます。
階層下したリスト( UL LI )タグを生成するので、それに対応したCSSは、自身で外部CSSファイルに指定する必要があります。

設定手順1...ターゲットの指定

まずは、ターゲットとなるグループやタグを選択します。
例えば、グループが「サイトルート」の場合だと、すべてのページがメニューの対象となり、基本的には、ほとんど「サイトルート」の指定で問題ありません。
(グローバルナビやローカルナビなども「サイトルート」で問題ありません。)

「サイトルート」以下のグループを選択した場合は、そのグループの中のページのみを対象としてメニューを生成します。例えば、ニュースのグループを作成し、その中に数十ページあったとしたら、ターゲットをそのグループにすることにより、ニュース一覧のメニューを生成できます。

設定手順2...設定エリア

設定では、具体的な条件を指定し、ターゲットからメニューのリストタグを生成します。

設定のプリセット

いちから設定を行うのは面倒なので、まずはプリセットの中から選択してください。
次に、細かい部分を設定していきます。

ページ一覧 ターゲット内のすべてのグループとページ。サイトマップ用です
グローバルナビ 第1階層のグループのみ。
ローカルナビ HTMLページの所属する第1階層グループ以下の、すべてのグループとページ。
フッターリンク ターゲット内のすべてのグループとページ。ただし、第2階層まで。

テンプレートタグ

テンプレートタグでは、階層ごとにテンプレートとなるタグを指定します。
それ加え、階層ごとにノード種別(グループor ページ)にわかれており、テンプレートタグを細かく指定することができます。

テンプレートタグでは、置き換えキーを指定していきますが、入力ウィンドウ内で、どのようなキーがあるのか確認できます。

オプション

オプションは、それぞれの説明を確認してください。

設定手順3...プレビューエリア

実際に、ターゲット内容と設定内容との結果をプレビューとHTMLプレビューで確認できます。
どのページでは、どのように出力されるのか、リアルタイムで確認できます。

プレビューで表示される内容は、生成されるHTMLタグの確認用になります。
デザイン的(CSS)な指定や確認は、このウィンドウでは行えませんので、注意してください。

質問や問い合わせなどについて
不具合や不明点などあれば、 開発者の田中 ( tanaka@pixelimage.jp ) にメール下さい。
CMSには未反映の不具合と対処方などもあるので、お気軽にメールいただければと思います。
使用した感想や、要望などもいただけるとうれしいです。
あと、JS CMS開発者日記のサイトもはじめました。こっちはユルめのサイトです。