HOME > ガイド > 制作者向けガイド > テンプレHTML

テンプレHTML

テンプレHTMLについて説明します。


テンプレHTMLとは

各ページを公開するときに、テンプレートとして利用するHTMLがテンプレHTMLです。
テンプレHTMLは、自由に追加することができ、ページ単位で、どのテンプレを利用するか選択できます。

ページを公開したタイミングで、そのページのテンプレHTMLとページ編集情報を組み合わせて、公開ページを生成します。

デフォルトのテンプレHTML

デフォルトでは、default.htmlが選択されています。
テンプレHTMLは複数用意できますが、最低限、default.htmlのみは必要です。

テンプレHTMLの配置場所

/html(アセットディレクトリ)/_template/以下のHTMLファイルが、テンプレHTMLとして利用できます。

テンプレHTMLの追加・削除

/html/_template/以下にHTMLページを追加してください。管理画面をリロードすれば、テンプレHTMLの選択肢に追加されます。

削除する場合は、単純に、そのファイルを削除してください。

テンプレHTMLの分割

複数のテンプレHTMLでも、ヘッダやフッダなどのHTMLは共通という場合に、その部分のHTMLをパーツファイルとして外部化し、ファイル埋込みすることが出来ます。

ファイル埋込みの表記

初期状態では、/html/_template/parts/以下にパーツファイルを配置しています。
もちろん、分割しなくても、問題ありません。

埋込みタグ

テンプレHTMLは、基本的に普通のHTMLファイルで、埋込みタグという、JS CMSで使える特別なタグが使えます。

埋込みタグはいくつか種類があり、ファイル埋込みも埋込みタグの一つです。

詳しくは、以下のページで確認してください。

初期設定のテンプレHTML解説

JS CMSは、カスタマイズ済みで配置していますが、初期カスタマイズ時のテンプレHTMLの構成について説明します。

テンプレHTML /html/_template/

初期状態のテンプレHTMLの紹介をします。

  • default.html
  • wide.html
  • full.html
  • simple.html

/html/_template/default.html

デフォルトで設定されるテンプレです。

コンテンツエリアの横にナビがつく場合に利用します。
カスタマイズの種類によっては、ワイドの場合もあります。

/html/_template/wide.html

ワイド用のテンプレです。

トップページなどで利用します。

/html/_template/full.html

フルワイド用のテンプレです。

ブラウザ幅いっぱいを使いたい場合につかいます。

/html/_template/simple.html

ヘッダエリアもフッダエリアも無い、シンプルなテンプレです。

特定の用途はありませんが、別ウィンドウで開くような共通UIが必要ないページなどです。

パーツ用HTML /html/_template/parts/

初期状態の埋込み用ファイルの紹介をします。

  • head.html
  • header.html
  • footer.html
  • header_sp.html

/html/_template/parts/head.html

<HEAD>タグ用のファイル埋込み用HTMLです。

/html/_template/parts/header.html

ヘッダエリアのファイル埋込み用HTMLです。

/html/_template/parts/footer.html

フッダエリアのファイル埋込み用HTMLです。

/html/_template/parts/header_sp.html

スマホ閲覧時に表示される、スマホ用ヘッダとメニューのファイル埋込み用HTMLです。

質問や問い合わせなどについて
不具合や不明点などあれば、 開発者のピクセルイメージ田中 ( cms@pixelimage.jp ) にメール下さい。
CMSには未反映の不具合と対処方などもあるので、お気軽にメールいただければと思います。
使用した感想や、要望などもいただけるとうれしいです。