HOME > ガイド > 制作者向けガイド > 埋込 / ページタグ

埋込 / ページタグ


テンプレHTML内での利用例

ページタグは、主にテンプレHTML内で利用して、ページのIDや名称、コンテンツのHTMLなどを書き出します。

概要

主な機能 各ページのページの情報を出力します。

- ページ編集情報をHTMLへ変換して出力
- ページIDを出力
- ページ名称を出力など
主な用途 ページの編集内容をテンプレHTMLへ埋め込んだり、タイトルタグに各ページ名を埋め込んだりします。
定義方法 ページタグは、CMSが提供する埋込みタグです。ページタグを自分で定義したり、カスタマイズはできません。
使用方法
使用箇所
CMS全体で利用できます。
テキスト編集できる箇所で、ページタグIDという表記で、記述してください。

- テンプレHTML内に記述
- HTMLページ編集のブロック内に記述

ページタグ一覧

CMSでは、以下のページタグが利用できます。

● ディレクトリ情報関連のページタグ
タグID 説明 出力例
PAGE_CONTENTS HTMLページの編集内容をHTMLに変換した値 <div>タグ</div>
SITE_DIR HTMLページから見た、サイトルートまでの相対パス
リンクや画像を直書きするときに、パスの抽象化を行えます。
../
ASSET_DIR HTMLページから見た、アセットファイルのパス html/
DEF_DIR HTMLページから見た、サイトディレクトリのパス html/
● ページ情報関連のページタグ
タグID 説明 出力例
PAGE_DIR サイトルートから見た、HTMLページのディレクトリまでの相対パス /html/
PAGE_ID HTMLページのページID
例えば、<body id="page_PAGE_ID">などとして、個別にcss用のクラスを割り振るのに利用できます。
company_outline
PAGE_NAME HTMLページのページ名 会社概要
PAGE_GROUP_IDS HTMLページが所属しているグループのID(複数) company company_sub
PAGE_GROUP_IDS[0] PAGE_GROUP_IDSの1つめの値
例えば、<body class="gloup_PAGE_GROUP_IDS[0]">などとして、個別にcss用のクラスを割り振るのに利用できます。
company
PAGE_GROUP_IDS[1] PAGE_GROUP_IDSの2つめの値 company_sub
PAGE_GROUP_IDS[2] PAGE_GROUP_IDSの3つめの値
PAGE_GROUP_NAMES HTMLページが所属しているグループの名称(複数) 会社について,our company
PAGE_BREADLIST パンくずリスト
パンくずリストを生成します。カスタマイズはできません。
HOME > 会社概要
● ブログ関連のページタグ
タグID 説明 出力例
PAGE_TAG ページに登録されている分類用タグ名 実装途中の機能です
PAGE_READ ページに登録されているページ説明 実装途中の機能です
PAGE_DATE ページに登録されている日付 実装途中の機能です

値を確認する

現在、HTMLページを編集している場合、編集中のページの下部で、そのページタグを確認できます。

質問や問い合わせなどについて
不具合や不明点などあれば、 開発者の田中 ( tanaka@pixelimage.jp ) にメール下さい。
CMSには未反映の不具合と対処方などもあるので、お気軽にメールいただければと思います。
使用した感想や、要望などもいただけるとうれしいです。
あと、JS CMS開発者日記のサイトもはじめました。こっちはユルめのサイトです。