HOME > ガイド > ブロックガイド > Myタグブロック / その2

Myタグブロック / その2


Myタグ用JavaScript ブロック

Myタグコンテナブロック内に配置し、JavaScriptでロジックを組み込めます。

※プログラムの返り値が出力されます。

Myタグ用JavaScript ブロック

ページ公開時に、JavaScriptコードを実行し、返り値を出力します。

HTMLブロックで、JavaScriptを記述した場合は、そのままコードが出力され、公開ページを表示したタイミングで実行されます。
それとくらべ、このブロックでは、公開処理を行ったタイミングでJavaScriptコードを実行し、その返り値を出力します。

これにより、Myタグの出力に、条件分岐を組み込むことが出来ます。

データ入力

JavaScriptコードを入力してください。
ページ公開時に実行されます。
※文法エラーチェックなどはありません。

利用手順

このブロックは、Myタグコンテナ定義ブロック内に配置します。

この例では、ページごとのページIDを出力するだけなので、ページ情報タグを埋め込めば実現できます。このブロックを説明するため、簡単なロジックにしています。

コード例

基本的なコード

以下のフォーマットを基本に、コードをカスタマイズしてください。
_param引数の中には、ページ情報やひな型ブロックの値などが格納されており、その値をもとに、HTMLを生成します。
returnで返すテキスト値が、ページ公開のタイミングで出力されます。

ページ情報を利用したコード例

_param引数には、ページタグの情報が格納されており、自由に参照することができます。以下の例では、単に値を出力するだけですが、JavaScriptで条件分岐を入れて、ページごとにHTMLを生成することができます。

ひな形ブロックでのコード例

ひな形ブロックで使用した場合、_param引数には、ひな形タグの値が格納されており、自由に参照できます。以下の例では、{1}と{2}の値を合わせた値を返します。
これにより、ひな形ブロックごとに、ダイナミックに出力するHTMLをコントロールすることができます。

ナビゲーションブロック

ページリストを元に、自由にナビゲーションを作成します。基本的に、Myタグコンテナの中に定義し利用します。

※ページごとのナビゲーションが出力されます。

ナビゲーションブロックとは

ページ一覧のグループやページ一覧情報をもとに、ナビゲーションを作成できます。
グローバルナビやローカルナビ、サイトマップなど、さまざまな形式のナビゲーションを生成できます。

データ入力

詳細編集ボタンから、ナビゲーション編集ができます。
詳しい使い方は、以下のページで確認してください。

利用手順

出力されるHTML例

以下の例では、グローバルナビゲーションのHTML生成例です。

ひな形ブロック

Myタグをひな形として使用します。

※ひながたブロックの処理結果が出力されます。

ひな形ブロックとは

ひな形ブロックは、Myタグ定義をひな形として利用できるブロックです。

例えば、商品ページなどのページで、商品ページ全てでフォーマットは共有しつつ、値はそれぞれのページで入力したいということができます。

利用手順

手順1 Myタグの定義

まずは、ひな形のもとになるMyタグを定義します。

コンテナ定義を配置して、その中にひな形にしたいブロックを配置してください。HTMLブロックを配置して、直接HTMLタグを入力することもできます。

その時、ひな形ごと、ページごとに値を変更したい箇所に、ひな形IDを入力してください。ひな形IDは、ひな形ブロック内で、値を入力することが出来ます。

ひな形タグ名は、{ID}という表記であれば、制限ありません。
{製品名}、{価格}、、、など、わかりやすい名称をつけてください。

手順2 ひな形ブロックの設定

Myタグを定義した後は、ページ編集画面で、ひな形ブロックを配置し、Myタグを指定してください。

MyタグID ひな形用に定義したMyタグIDを入力します。
MyタグのHTML MyタグIDで指定したMyタグのHTMLプレビューを表示します。
(プレビューのみで、変更はできません。)
ひな形タグ Myタグ内に見つかったひな形タグを表示します。
ひな形タグをクリックすると、コピーできます。
ひな形タグの値入力 ひな形タグと、置き換える値を入力します。
入力できるデータ型は、テキスト、画像、ボタンの3つから選べます。

変換例

簡単な例で変換例をみてみましょう。

表示

以下の用に、ひな形ブロックごとに、それぞれ値を設定できます。

HTML

ひな形となるHTML(Myタグ)
ひな形変換後のデータ
質問や問い合わせなどについて
不具合や不明点などあれば、 開発者のピクセルイメージ田中 ( cms@pixelimage.jp ) にメール下さい。
CMSには未反映の不具合と対処方などもあるので、お気軽にメールいただければと思います。
使用した感想や、要望などもいただけるとうれしいです。