HOME > ガイド > 制作者向けガイド > 編集エリア.その2

編集エリア.その2


編集エリア / ボディ部

ページの構成要素...ブロック

JS CMSでは、見出しや文書、画像などのページの構成要素を、ブロックという単位で管理します。
ブロックを配置していくことにより、ページを作成していきます。

ブロック配置例

以下の例では、見出しや文書ブロックの他に、段組み(コンテナ)ブロックを使用して、複雑なレイアウトを実現しています。

ブロックを追加する

ブロックを追加するには、編集エリア下部の「ブロック追加」をクリックします。
すると、ブロック追加バーが表示されるので、そこから様々なブロックを追加できます。

ブロックの種類

ブロックには、見出しや画像などといった基本ブロックから、スライダーや、ニュースリストなどのガジェットブロック、データブロックなど、さまざまなブロックがあります。
ブロックの種類や詳細については、ブロック一覧のページで確認してください。

ブロックを編集する

ページに追加したブロックは、選択することにより、内容を編集することができます。
選択したブロックの情報は、ブロック情報パネルに表示され、そこでブロックの種類に応じて編集できます。

テキスト編集画面で編集する

ブロック情報パネル内でのテキストは、テキスト編集専用のウィンドウで編集できます。
テキスト編集ウィンドウは、ブロックをダブルクリックしても開けます。

ウィンドウ内で入力した内容は、すぐに編集画面に反映されます。背景をクリックすると編集内容が確定され、ウィンドウが閉じます。

ウィンドウ内での編集途中に、内容を取り消したい場合は、「編集前に戻す」をクリックしてください。

便利なボタン

ブロック情報パネル

ブロック情報パネルでは、ブロックの情報の表示や、データ編集(テキストなど)、デザイン(CSS)設定、操作など、選択中のブロックに対して、さまざまな操作が行えます。

基本構成

ブロック情報パネルでは、設定項目が多いので、タブわけを行っています。詳細は、ブロック情報パネルのページで確認してください。

ここでは、使用頻度の高い、操作ボタンについて説明します。

ブロック操作について
コピペ
処理
ブロックのコピー&ペーストを行います。ページ内でのコピペはもちろん、ページをまたいでのコピペもできます。
※ブラウザウィンドウ(タブ)をまたいでの利用はできません。
複製 選択中のブロックを複製します。
削除 選択中のブロックを削除します。
移動 ブロックの並び順を変更します。
並び順は、ブロックのドラッグ&ドロップでもできますが、このボタンからも行えます。

ブロックごとの表示

ブロック情報パネルは、選択したブロックの種類に応じて、編集できるデータ形式が違います

さらに詳しい解説は、ブロック情報パネルのページで確認してください。

質問や問い合わせなどについて
不具合や不明点などあれば、 開発者の田中 ( tanaka@pixelimage.jp ) にメール下さい。
CMSには未反映の不具合と対処方などもあるので、お気軽にメールいただければと思います。
使用した感想や、要望などもいただけるとうれしいです。
あと、JS CMS開発者日記のサイトもはじめました。こっちはユルめのサイトです。